diary

FQDN xeon.thinksell.net

Supermicro SC742I-450

PowerBookG4 M8981J/Aを購入するまで活躍してくれたWorkstationです。最初はオーバースペックではないかと思ってましたが、使っていくとアプリケーションの起動速度やOS 全体のキビキビした動きに慣れてきて重宝しました。

Dual CPU+SCSI HDDの構成は、使用目的によってコストパフォーマンスがよくないことも事実です。しかし精神衛生面での快適さは、かえがたいモノがあります(笑)。次のWorkstationもXeonかOpteronを採用する予定です。もしくは、PowerMacG5も…。

ただ、使っていて色褪せた感じが全くしないので、Adaptec 2010SのRAID0環境とFull SCIS化、DIMMに投資してみるのも得策かと検討中です。

追記:

2009年9月 WindowsXPをMacBook Proへ仮想化したのでサーバへ。OSはFreeBSD 7.2。

2011年 FreeNASへ移行してファイルサーバ化

basic specs
Mother Board Supermicro X5DA8
CPU Intel®Pentium™Processor 2.4GHz×2 Prestonia
DIMM TS64MDR72V6F5 184pins DDR ECC (256Mbit/32×8) PC-266/CL-2.5 Registered DIMM 512MB×4 Total 2GB
AGP Matrox Mil lenniumG550 Dual Head AGP32MB DDR
PCI1 – 32bit 33MHz
PCI2 – 32bit 33MHz
PCI3 – 64bit 100/66MHz
PCI4 – 64bit 133/100/66MHz
PCI5 – 64bit 100/66MHz
FDD TEAC FD235HG
SCSI Seagate Seagate Cheetah 15K.3 ST318453LW(ID0:System)
IDE1
  • IBM IC35L120AVV207-1
  • Seagate ST360020A
IDE2 Sony CD-RW CRX160E(Mater)
I-O DATA DVR-ABP4(Slave)
On Board Device
  • Adaptec AIC-7902 Controller Dual-Channel Ultra320 SCSI
  • Intel® 82545EM Gigabit Ethernet
  • AC’97 audio CODEC with high quality 6-channel sound
Case Supermicro SC742I-450
Keyboard & Mouse Logitech Cordless Desktop Pro
OS FreeBSD 7.2
It\'s only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Share on Facebook