diary

会話のある買い物

Leave a comment

この間、舞鶴の小さい魚屋さんで、ブリの造りと貝にはいったカキを買って食べたけど絶品。あらかじめ、ブリとカキを頼んでおいて、あとはお店で会話をしながらお魚吟味。

カキは貝ごとフライパンで焼いて、あとはパックリあけると天然の塩味に醤油一滴。もうたまらんぐらいウマイ。ブリも脂がしつこくなく、口のなかでマッタリととけていく。

でも聞いたところ、舞鶴ではわかる人は買いにくるけど、ほとんどがスーパーでいいみたい。もともと港から新鮮な魚がはいるのもあるけど、やっぱり価格かなぁ。平均家族の4人ぐらいだと食費もかさばるんやろうね。あっ、でも言っときますが驚くぐらい安いです。最初ビックリしたというより、もっとお金言うてやぁって感じ。

でもやっぱり、あらためて思う。会話のある買い物の楽しさと、そういうお店があることの大切さ。まだまだ量販店・スーパーに負けてはななるまい。オリジナリティを問いつめればやれるはず。応援します。買います(笑)

It\'s only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。