article

なぜ入手経路が報道されない?

Leave a comment

まだ全てのニュースを見た訳でないけども、少し疑問。

今回の文春の福田前官房長官の記事で、未納期間の資料をどうやって入手したのかが不明。記事そのものに掲載されているのかもしれなけど未読。読まんといかんなぁ。

素人考えだと個人記録では?

私が福田さんの納付管理記録を閲覧させてと申し出て「はいどうぞ」なのだろうか?「公表」と「不正漏洩」がごったまぜになっているような気も。TVもそのあたりの見解を述べてないわけで。

福田前官房長官は「厚生労働省の誰がどの資料を管理しているか、すぐわかる。だから…」とちょっと警告気味の発言はしているらしいけど。ウ〜ン、やっぱり入手経路がちょっと疑問。

さっき報道ステーションに菅さんが出演されていて、今回の関連事項に回答してたもよう。問題のすり替え的発言も多々見受けられたけど、苦しい立場もにじみ出てた。で、やっぱり気になるのは古館さんの質問力。一体、何をテーマにどの本質を引き出したいんだ。わからない。菅さんの感想を聞きたいだけ?

全くわからんかった。あ~、もっと聡明な自分になりたい :-II

追伸

会計事務所に勤めていた関係で年金制度はそれなりに知っているつもり。相当ややこしいですよ。もっとわかりやすい制度は当然として、理解する環境をリードしないと。高校や大学の講義でやってみるとか?

でも聞かんかなぁ。古館さん、別に菅さんを擁護する目的じゃないですが、「厚生大臣時代に未納があったのは問題ですよ」ってやたらツッコンでましたけど、共済制度と年金の関連を把握されて質問されてます?

そもそも、「年金は国にまかせておけば安心」みたいな空気があって、一般人は馬の耳に念仏。


『これで安心!!年金まるごと一冊完全ガイド (講談社MOOK)』 講談社

It\'s only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。