diary

危険な散歩

Leave a comment

ちょっといきづまったのでMacでも持って、何を思い立ったかひとりでにふらふらと散歩へ。さてどこへ行くのやらと・・・。

エスニックガーデンカフェ芽亜里, 大津市比叡平3-48-3

まぁ、わかる人にはわかるんやけど、んなとこ散歩で行くようなとこやないやろ!ってつっこまれそう。そう、まさしく県道という名の峠を歩きました。山中越えといって、滋賀の近江神宮から京都の白川通の下鴨までつながっている道らしい。ところが・・・

歩いてみると、コワイ。だって歩道がほとんどないに等しいし、車しか走ってない。どうやら人が歩くことを想定してない感じ。昔の人は歩いて京都まで行ってやろうにと、いぶかしげながら歩いているとすぐ横を車がビュンビュン抜いていく。追い越す車中の人、すれ違う車中の人、みんはドギモ抜かれたような顔つき。「なんで、こんなとこ人がおんねん?」って口にするまでもなく表情からしっかり読み取れる。峠道を登り始めること1時間10分ほど・・・。

なんと目前にニホンザルの家族を発見!チビさんからお父さんまで総勢6匹。マジでヤバイ。目を合わしたらまちがいなくかかってくる。さてどうすると考えるまでもなく、あわてて左右を確認して、反対車線へダッシュ。ほいでそこから横目でチラッチラッと見ながら歩いていると、先方はジーっとこちらを凝視。こ、コワ〜。ほんまコワイ。

無事最大の危機を乗り越えて、比叡平の住宅街へ。まぁ、なんと大きくてオシャレな家が多いこと。それに静かぁ。な〜んか、ここだけ隔離されたようにシーンとしてる。まぁちょっと下界とは断絶してるような場所みたい。で、もう少し探索して目的地到着。

お店はこんな感じ。”エスニックガーデンカフェ芽亜里

ほんまええお店。もともと輸入雑貨屋さんなんで、カフェ以外の食器やら日常品や洋服なんかセンスがかなりよい。ゆっくりとお茶(メープルシフォンケーキセット)して、Macして、食器を楽しんでリフレッシュできたお散歩やった。

ちなみに帰りはバスでした。20分ほどで下界へ到着。文明と貨幣の偉大さを実感。

It\'s only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。