diary

DebianでMovableType+MySQL

Leave a comment

Debian GNU/Linux 3.0r2 woodyでのMySQL+MovableTypeをインスコ備忘録。 いろんなサイトをググってちょっと四苦八苦。

Movable Type 2.661, mt-ja.2.661.tgz, jcode-0.82, MySQL, DBI:mysql, DBD:mysql, ImageMagick, ImageMagick関連パッケージ

/* MySQL */

1. apt-get

$ sudo apt-get install mysql-server libdbi-perl 
libdbd-mysql-perl imagemagick perlmagick webmagick libmagick5

2. MySQLでユーザーとMT用データを作成([]内はすべて任意の文字列)

// MySQL root password
$ mysqladmin -u root password [new_password]

//Create MT Database, User
$ mysqladmin -p -u root create [database]
$ mysql -p -u root mysql

$ mysql> grant all privileges on [database].* to 
[user] identified by '[password]';
$ mysql> grant all privileges on [database].* to 
[user]@localhost identified by '[password]';

3. Apache文字化け対策

# Default charset to iso-8859-1
AddDefaultCharset off <----- onからoffへ

/* MovableType */

1. MovableTypeのパッケージを~/public_html/blog/に展開

2. /blog/imagesの下に、lang-jaという名のディレクトリーを作成(“_”,”^”でもない”-“)

3. mt-ja.2661.tgzを展開し、mt-ja内のimagesを/blog/images/lang-ja/にコピー

4. MT.utf8.patchをMovableTypeのディレクトリーへ移動させ、パッチの適用をする

5. patch -p1 < MT.utf8.patch (utf8の場合,EUC-JPは < MT,euc-jp.patch)

Jcode-0.82を展開し、そのまま、JcodeとJcode.pmをextlibの下に置く

6. mt-check.cgiの実行: 必要な項目がinstalledになっていれば、OK

7. mt.cfgの記述:変更箇所は次の3つに関して行う

// CGIPathの変更:
CGIPath http://www.thinksell.net/blog/
// Datasourceをコメントアウト:
# DataSource ./db
// NoHTMLEntitiesをコメントアウト:
#NoHTMLEntities 1
// PublishCharset UTF-8(or EUC-JP)を書き加える
// 以下を追加
ObjectDriver DBI::mysql
Database [MySQL Data]
DBUser [MySQL User]

8. mt-db-pass.cgiの編集

[MySQL User]パスワードを記入

9. mt-load.cgiを実行

10. Melody,Nelsonをそれぞれ、ユーザ、パスワードとして、ログイン

11. Movable Typeの個別設定

It\'s only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。