article

沈黙の社会保険料

Leave a comment

会計事務所に勤めていたので今さらこんな記事が報道されるのかと嘆息。ご存じでない方は、「ホンマ?」って感じですね。ずっと昔から支払われていないパート、アルバイトの沈黙の社会保険料。

朝日新聞: 社会保険、パートの7割が加入漏れ 多く「扶養扱い」

強制徴収したらどれぐらいの保険料収入になるのか?

同時に多額の徴収コストを差し引かないといけない。勤務実態を把握するためのシステム整備にコストがかかりすぎる。だからみんな見て見ぬフリってところ?!

会計事務所にお世話になっていたころ、日本の税制と社会保障制度の歪みと闇を勉強させてもらいました。どんなビジネスでも「知らなきゃ損」。だけど税制と社会保障制度、この二つの制度は「知らんかったらいつのまにか自分が損している(損といえるかどうか…、まぁ国庫に貢献してると考えて)」ことがザラ。こわいですゆよ、まじで。

ちなみに欧州ではパートの雇用条件が日本と違う(欧州全域じゃない)。たとえばフランス。JETRO(日本貿易振興会)パリセンターのリポートによると、「日本式のアルバイト・パートの労働形態がない」とのこと。

マクドナルドで働く人、スーパーのレジ打ちも全て正社員。例えば1日の契約でも、社会保障・労働保険加入は必須。闇労働は考えられない、らしい(実態はそんなパラダイスじゃないと邪推)。”らしい”は自分で現地を見て、確認したわけじゃないので引用。

まだまだ知らないお国の事情。でも知れば知るほど口がアングリってことも。まぁ、やるしかないね。

社会保険 これでスッキリわかる!

社会保険 これでスッキリわかる!

It\'s only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。