自己実現をサポートするビジネス

若いときにできなかった夢を第二の人生で実現する。そんな自己実現をサポートするビジネスの可能性についてふれらています。大量生産時代の安価で画一的なサービスと違い、高付加価値・高価格・高度なサービスの可能性です。

「青春フラッシュバック(その1)」と「(その2)」の2回にわたって、団塊世代にとってのノスタルジーとは何かを考えてきた。この世代が青春を語るときに欠かせない音楽や映画を例に、「青春フラッシュバック・ビジネス」にはどのようなアプローチや方法があるのかを取り上げた。今回は、まとめの意味もこめて、団塊世代の過去がもたらすビジネスの可能性について考えてみたい。

via: 青春フラッシュバック(その3)〜自己実現をサポートするビジネスの可能性〜 – ニュース – nikkei BPnet

今ひそかに中高年の間で「漬け物」が流行っているそうです。「郷里の味」「お袋の味」が忘れられず、最初は「漬け物」を購入します。そして、「完成品」では飽きたらず、自分で
漬け床を研究し、ネットで購入し、「漬ける」を楽しむようになります。

高度なサービスが求められる一方、簡単にマネできないため、高いリピート率が期待される「自己実現サポートビジネス」。

既存・新規事業で改めて見つめ直してみるものいいかもしれません。

作成者: thinksell

creativity = chaos chaos = creativity Embrance it or die. フリーランス。開業から歯科医院のウェブサイトを制作していますが、いつの間にか歯科医院のデザインを提供している、らしいです。 自己評価は口八丁で綱渡り。やっぱり餅は餅屋が最適です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。