diary

検索スキルの向上

Leave a comment

最近、Googleが自分のパソコン内を検索できるアプリケーションを開発したとリリースされました。また、異業種交流会議式イベント「無敵会議」の第10弾が、「検索」をテーマに行われたりしています。
紹介する記事は、「検索」をするユーザーに対して捧げる内容です。

なかなか知りたい情報にたどり着けないという検索下手のアナタ。単に知りたいキーワードを検索窓に入れていないだろうか? 検索下手な人の特徴として、ビッグキーワードといわれる広義な意味をもつ(絞込みの甘い)検索キーワードを入れ、膨大な検索結果を一つ一つチェックしている傾向がある。これではとても短時間に所望の情報を見つけることはできない。

via: 初心者に捧ぐ「検索達人への道」 / 検索エンジンマーケティング – japan.internet.com コラム

「検索」は、提供するサービス自体がもっと進化するべきだという意見があります。たとえば、特定地域の検索サービスや、ユーザー別に検索結果が違うサービスなどがあげられています。

一方で、ユーザー側の検索スキルの向上を望む意見もあります。紹介記事に指摘されているようにビッグキーワードで検索したり、アンド検索を利用しないで検索してしまうことがあります。その結果、「思うようなサイトが見つからなく」、情報の深さや幅が広がらず、インターネットから上手く情報を引き出せずにジレンマを感じてしまいます。

そんな検索スキルで悩まれているユーザーや、思ったような検索結果を得られていないユーザー向けに、今回の紹介記事は基本的な検索技術の使用方法を説明しています。

私見ですが、このような情報がもっと普及され、インターネットユーザーの検索スキルが向上することを歓迎します。なぜなら、ユーザー側の検索スキルが向上すると、サイト運営者にとってもSEO的によい結果をもたらしてくれる可能性があると思うからです。

自分のサイトのキーワードや文章をよりスモールキーワードで設定することで、よりピンポイントで検索してくる「目的意識をもった(何らかの行動をとってくれる可能性の高い)ユーザー」の獲得が目指せるのではないでしょうか?

インターネットの回線速度が向上し、サイト制作技術が急速に進化する環境もユーザーが使いこなせないことには、「宝の持ち腐れ」になってしまいます。もし、「検索がどうもうまくいかない」という感じている方は、一度記事の内容を試されてみてはいかがでしょうか?

It\'s only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。