ニッチを続けていく

1999年頃に出会ったサイトで、フトどうしているのかぁと思って訪問してみました。1997年の設立です。

冷蔵庫のドアに飾るマグネットの専門販売
Fridgedoor.com

動物、音楽、映画など様々なカテゴリーに分類されたマグネットを販売していて、マニア向けのコレクションアイテムもあります。

市場はニッチでたいした規模ではありませんが、中小零細が参入するには十分なサイズです。しかし何よりもニッチに参入して継続していることが素晴らしいと思います。

継続している成功要因は、

  1. ニッチ市場に参入(大企業が参入していない)
  2. 主要業者が参入していない(寡占化されていない)
  3. 豊富な品数ときめ細かい顧客サービス(口コミにつながる

集客は、特化されている事業のためSEO対策を重点に、アフィリエイトプログラムを活用されたようです。

ところで不覚にも調べていないのですが、日本にもあるのでしょうか?

作成者: thinksell

creativity = chaos chaos = creativity Embrance it or die. フリーランス。開業から歯科医院のウェブサイトを制作していますが、いつの間にか歯科医院のデザインを提供している、らしいです。 自己評価は口八丁で綱渡り。やっぱり餅は餅屋が最適です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。