diary

三本のマッチ

Leave a comment

三本のマッチ一つ一つ擦る夜のなか はじめのはきみの顔をいちどきに見るため つぎのはきみの目をみるため 最後のは君のくちびるをみるため 残りのくらやみは今のすべてを思い出すため きみを抱きしめながら
ジャック・プレヴェール「夜のパリ」

たまには、こんな言葉を友人に持ち、妄想しながら甘い時間をすごすのも許されよう。誰を想像するかはみなさんの自由。それこそが、妄想が妄想たるゆえん。

It\'s only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。