未分類

4万円以内で鍛える「文章力」

Leave a comment

「文章力」を鍛えよう

All Aboutの「「ビジネス誌でお馴染みのスキルをお小遣い価格(4万円以内)で学ぶための情報」、シリーズ第5弾です。テーマは「文章力」です。なぜ、ビジネスシーンで文章力が必要なのか?

ビジネスシーンで「文章」が多用されるのは、「話す」よりも遥かに正確かつ迅速に情報の伝達・共有が可能だから。裏を返せば、情報をきちんと整理し、他者に伝わるように表現する「文章力」は、数あるビジネススキルの中でも最重要のスキルの1つと言えるのです。


ウェブサイトの場合、「話す」がなく、「文章」で構成されています。そのため、より情報をきちんと整理し、他者に伝える力が必要です。「コンテンツは魅力的なのだから、あともう少し文章力があればよいのに」というサイトに遭遇した経験は、ないでしょうか。

サイトでは、「文章力」と「販売するための文章力」という二つのアプローチがあると思います。前者は、手持ちの情報をわかりやすく伝えるためで、後者は、顧客に利益をもたらす情報を収集して集約して五感に訴えるためです。

どちらの文章力もウェブサイトを構成する上で、重要な要素です。文章力は、冒頭のサイトが紹介しているような講座や書籍を利用すれば、ある程度まで向上すると想います。私自身がそうでしたので(笑)。

一方、後者の「販売するための文章力」は、必要な情報の収集能力やキャッチコピーにできるセンスも問われます。確かに、巷で流行している心理マーケティング系の書籍を一通り目をとおせば、ウェブサイトのコピーライティングのコツは掴めます。

しかし、それらはあくまで「テクニック」ですので、誤用すると、いかにも「胡散臭い」サイトになってしまいますので、注意が必要です。

私も顧客のサイトをサポートしていて、自分の「文章力」のなさを痛感します。さらに、できばえの良い文章と悪い文章には、アクセス頻度が違うことも如実にわかります。

それだけ、ウェブサイトでは、「文章力」が大切なのですね。

It\'s only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。