未分類

いつ果てるともしれない道

Leave a comment

希望と絶望の狭間を低徊する 抱えもつは狂気と心志
いつ果てるともしれない道を 背負いゆくは英気と畏怖

刹那と怠惰に身をゆだねる日々を過ごしながら
"なか"の自分はせめてかしこく嘯きたいと

嘘か真かもわからない停まった空間に残されて
これだけ失わなければ純な自分だと安心できるモノ

情熱 恬澹 畏敬 感謝 恋情

くやむ自分とおごった自分が あわせもつは矛盾と不遜
いつ果てるともしれない道を 掴みたいのは知勇と沈黙

これだけやり遂げれば 思い残さず果てられるモノ

価値創造

いつ果てるともしれない道 喧噪と静謐がよこたわる

2005.06.26 アナログにふけるためのデジタルに囲まれた六畳間にて

It\'s only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。