未分類

罪と罰

Leave a comment

識者の方のロジカルな言説を拝読してみたい心境になった二つの事象。無性にかられた。

「出頭しなければ逮捕する」と悪質ドライバーの逮捕予定を事前公表した大阪府警で反則金納付が急増し、納付方法を解説したホームページへのアクセスが通常の250倍に急増したことが28日、分かった。「逮捕されてはかなわない」と出頭したドライバーも2人現れた。府警交通指導課は「予想以上のすごい効果」と驚いている。

via: 「逮捕する」効果てきめん 反則金納付、アクセス急増

御上に弱いというか、矜持をもってないのでしょう 😆

ニューヨークの連邦検察当局は28日までに、巨額粉飾決算で経営破たんした通信大手ワールドコム(現MCI)の元最高経営責任者(CEO)のバーナード・エバーズ被告に対し、不正会計に関与し株主に巨額の被害を与えた証券詐欺罪などで禁固85年を求刑した。米メディアが28日、伝えた。事実上の終身刑求刑は、他の企業スキャンダルに関与した経営者の求刑にも影響を及ぼしそうだ。

元CEOに禁固85年を求刑

最終的な量刑はどの程度かわからんけど、企業犯罪に対する懲罰が、日本は甘いのか、それとも米国が厳罰なのか。あるいは、そんな浅はかものじゃなく、"法治"の思考や性善説と性悪説といった哲学とか文化など複雑な要素が絡み合ったものなのか。成熟度か。よーわからんけど。ホント 🙄

It\'s only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。