article

インターネットの新聞はいつから有料になるの#2

Leave a comment

#1のエントリーを書いたついでに、調子にのってさらに妄想してみた。

あと数年もすれば、デジタルテレビ対応チューナー内蔵型インターネット機能搭載のプロジェクターみたいなものって市場に登場しないのかな。今の機器を利用するなら

TVチューナー機器+Mac Mini+プロジェクター=新プロジェクター

上の左辺を一つにまとめた情報端末機器。それを使って映像を好きな場所で見る。もし登場すれば僕の朝のワンシーン。

AM: 6:00起床

端末にスイッチをいれ、映像を50inchサイズに映し出す。新聞社の自分専用ポータルサイトへログイン。画面に映るネット朝刊を読みながら、気になるニュースをポインターでクリック。解説映像(画像)が登場。さらにヘッドラインから聞きたいニュースをポッドキャスト配信で取得して、携帯端末機器へ転送。移動中に音声で聞く。

AM: 6:30

端末の機能をネット朝刊からテレビへ切り替え。お気に入りの番組を視聴。

AM:7:00

端末を再度、ネット機能に切り替え。今日の番組をネット朝刊から取得。ラテ欄をチェックして見たい番組をワンタッチで録画。録画には、1テラバイト搭載のHDDレコーダー。このHDDレコーダーには、自分の興味ある分野のCMしか録画しない機能つき。

ってなイメージ。ふざけるなって!って声が聞こえる(w

ワンシーンにもあるように、インターネット新聞が有料になってもOKのもう一つの理由は、文字Onlyのサイトから画像と映像の併用をと考える。今の新聞各社のサイトは、文字ベースの記事が大半。新聞に掲載する原稿をそのままコピペしてるのかな。だから、新聞の記事には解説画像があっても、サイトは文字だけというケースが多い。

できれば有料化によって、わかりやすい解説画像や映像(Flash形式も可)を挿入してもらいたい。その手間暇の料金として支払ってもいいなって。

まぁ、妄想は妄想として楽しむのは自由ですから…..orz

It\'s only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。