article

かおる姫をスイッチングしまくるフジ

comments 2

FIVB 2005 World Grand Prixを観戦している男性諸君を魅了しているであろうかおる姫。ワタクシもその一人(w

スッピン美貌にちりばめられるは、本人もお気に入りのホクロ流星群。明らかにアンバランスな大きさの左右の瞳に、どちらからのアングルがよいかと百家争鳴。

途中出場した予選リーグの韓国戦以降、かおる姫は大活躍。その後のフジのあからさまスイッチングに抱腹絶倒。活躍している他の選手よりも、あきらかに登場回数が多い!?。特に顕著なのは、予選リーグのアメリカ戦以降。アメリカ戦でかおる姫は、徹底的なマークに合い、木っ端みじんに散った。

それ以降ベンチスタート。でも、フジはベンチのかおる姫をスイッチングしまくり。他のベンチの選手は〜?????

まぁ、視聴率稼ぎのニューヒロインを意図的に作りだしたい気持ちはわかる。が、もう少しスマートにねぇ。

にしても、かおる姫。応援中、素人でもスゴイと唸る点が2つ。そして、アチャーと感じる点が2つ。

  1. 滞空時間の長いジャンプ力
  2. 空中でのボディバランスが良い

1.明らかに他の選手より長い。最高打点の滞空時間が長いのかな。跳ねているというよりも、ホント、飛んでいるって感じ。その分、膝や腰にかかる負担は半端じゃないだろうなぁって。

手前味噌ながらワタクシも、身長166cmのポイントガードとしてバスケットボールをたしなんでいた全盛期、リングをつかめんで、ちょい上まで飛んでおりまして、滞空時間の長さとボディバランスの良さにスカウト陣からお褒めの言葉をいただいておりました(ォ。が、その分腰がボロボロになりまして、今でも爆弾を抱えております…orz

2.とにかくしなやか。体が柔らかいのかと推測。あと、空中でボディをひねったり体勢を変化させる点。これ実際やってみるとわかるけど、一度飛ぶと、自分の体は思いの他自由にならん。神様ジョーダンのダブルクラッチが絶賛される理由もそのあたりかと。空中でフェイクいれるジョーダンの雄姿に何度心奪われたか。

かおる姫を賞賛する点は、以上2点。169cmと感じさせないダイナミックなジャンプで圧倒するアタックは、エキサイティング&ファンタスティック。

反面、そのダイナミックゆえ、アチャーってところが。

  1. フォームから打点のタイミングがあわせやすい(ブロックされやすい)
  2. フェイントをあまり多用しない

1.がアメリカ戦で木っ端みじんになった原因だと言われている。とにかく最高打点でアタックするからブロックのタイミングどんぴしゃになってしまうらしい。身長がない分、跳躍力でカバーしなければならないから、ジャンプの高低を調整してアタックできないからかなぁ。わからんけど。

2.これも身長のハンディゆえか、とにかく強烈アタック。コースを見極めるまでの余裕がないのか、フェイントをほとんど使わない。この辺は、宝来 眞紀子選手との対照的なアタックを見ていると、素人にはよく分かる。

決してパワフルなアタックをしなくて、長い腕をうまく利用して少し力を抜いたアタックで、いつもコースを見極めている感じ。

ハマルと立て続けにポイントをあげるかおる姫、決定率には欠けるけど安定したアタックをしている宝来選手といったところか。

いよいよ、土曜日はブラジル戦。予選リーグの時のような大接戦を期待したいけど、実力差は歴然だからね。それでも応援、ガンバレ、全日本とかおる姫。

It\'s only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Share on Facebook

2 Comments

  1. 「バレー:3、かおる姫:7」といった割合で観戦しています(笑)。杉山選手のブロード攻撃(って言うでしたっけ?)が大好きです。コートをささっと移動してバシっと決めてくれるアタックに、柳本監督ばりによっしゃぁ〜ってやってます。

    あと、アテネの時と比べて杉山選手は、ボディを絞り込んでいるなぁって感じがします。特に腕のあたりを見ると筋力アップ!?

    現在激闘中の中国戦、かおる姫が登場してちょっと活躍してますね。おかげで、フジは心おきなくかおる姫にパンしまくりです(爆)。第1セットもいつものパターンで取られてしまいましたね(泣。皮膚感覚の素人意見ですけど、なんとなく20点からの点の取り方に問題があるような気がします。このあたりからもたつくような…..。

    竹下選手もホントすごいですね。ジャンプトスの負担は、よくわからないのですが、飛びながらライトにレフトにふれるなぁってくぎづけです。それと竹下選手のサーブって、相手にとって思った以上にやらしいのかって不思議です。レシーブしずらそうなので。

    で、最後に、桜井選手。すでに、我が家では「青木さやか選手」としかよばれていません…..orz

  2. Y.O says on 2005.07.18

    fujinoさんもバレー見てたんですね。
    って「かおる姫」を見てるんでしたけっけ?(笑)
    でもかわいいですよね。
    宝来選手も今回ずいぶん垢抜けして、デビューしたって感じですね。

    私は今回杉山選手が活躍して嬉しいです。
    めっちゃ早いセンター攻撃がスカッとします。
    でも昨日はおしかった〜。全日本ってこのパターン、多いんですよね。

    かおる姫は確かにフェイントを全然使わないけど、これだけやられてもやられても強気なのは今までの全日本にはいなかったと思いますよ。(あくまで素人感覚です)こういうタイプ、私は好きです。

    ジャンプという点では竹下選手もすごいですよね。95%以上のセットをジャンプトスしているとか。私も少しセッターをしていたのですが、これはかなりの負担です。(ちなみに私はフェイントとかブロックとか、せこいプレーが大好きでした)

    ところでリベロの桜井選手、青木さやかさんに似てません?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。