article

なりふりかまわずの所作、暗澹か凛とするか

Leave a comment

政策や法案を云々するまえに、権力抗争の縮図というか、「人」に内在する「権力と心理」を観察するには参考になった。プロらしい着眼か。とてもそこまで嗅ぎ出せないし。まぁ、暗澹たる気持ちになるのか、稟としてぶれないかは自分自身の肝試し。


あと、民主党は連合との政策をどう調整するのかなぁって思っていた矢先に、笹森清会長の記者会見

民主党の有力な支援団体である連合は10日夕の臨時中央執行委員会で、自民党の郵政民営化反対派の前衆院議員を総選挙で支援することを決めた。民主党がわずかに単独過半数を下回った場合、反対派との連立で政権を奪取する道を残しておきたいという狙いからだが、民主党執行部は、反対派と「同じ穴のムジナ」と思われてはたまらないと大慌て。深夜になって、反対派とは「協力しない」とするコメントを報道各社にファクスで送った。

反対派も支援要請しているとのこと。まぁ、選挙の後援会活動に携わっていたときに、「ごちゃごちゃ何を言おうが、当選しないことには、はじまらない」なんて、いやと言うほど耳にした言葉を懐かしんだ(笑)

追伸
衆院選:大阪市の大平光代助役が出馬要請を固辞を一読。心底応援しています、大平さん。賛否はあれど、大平さんの推進する改革は、大阪人のワタクシの希望です。

It\'s only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。