article

民主党の沖縄政策、「真の独立」とは?

Leave a comment

民主党HP: 民主党沖縄ビジョン[改訂](PDF)

選挙ギリギリでマニフェストチェックも外交で終わるかなぁ、って思いながら民主党HPにアクセス。すでに方々でトピックになっている「民主党沖縄ビジョン」。

だれか真意を教えて。書いてある内容って実行できそう?米国とどう交渉すれば実現できる内容なんだろ?じゃ、核の傘から脱退するってこと?

民主党は「自立・独立」「一国二制度」「東アジア」「歴史」「自然」の5つのキーワードが、 沖縄の真の自立と発展を実現するための道しるべになると考えている。つまり、沖縄にお いて「自立・独立」型経済を作り上げるためには、「一国二制度」を取り入れ、「東アジア」の 拠点の一つとなるように、沖縄の優位性や独自性のある「歴史」や「自然」を活用することで ある。そして、これらのキーワードを活用する沖縄を通じて、日本は目指すべき次なる姿を描けると考える。

個々の具体的施策は興味深い。観光政策への考え方や地域産業の取り組み方なんか。ただね、根本というか、「国のかたち」をフィルタリングして読むと、ひょっとしておそろしいこと考えてないって、とも読み取れる。

その穿ったというか、ある意味的を射ているかもって感じは、アジアの真実さんが述べられています。う〜ん、勉強になった、感謝。

やっぱり、政治家って、背景の見え隠れがつきまとうなぁって、今回つくづく感じた。「岡田 ジャスコ 中国」でググると真偽は別に見極めんといかんけど、なんか、みんなよく調べているなぁって感心した。それだけ関心があることが素敵かなって素直に感嘆。

あと、Silly Talkさん経由のおまけリンク、「国民新党が郵政民営化に反対する理由」、ユニークだね。

It\'s only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。