article

成功確立50%の顔面移植

Leave a comment

TIMES: Twelve queue to be chosen for the first face transplant

In the next few weeks the 12 applicants will visit the renowned Cleveland Clinic in the United States, which will select the first recipient of a new face from a cadaver. The clinic received approval for the pioneering operation from its ethics board last year, though regulators in Britain and France had rejected the surgery.

12の志願者が、「顔面移植」のためにクリーブランドのクリニックへ訪問するとのこと。ちなみに、12人の志願者は、男性5人・女性7人。移植元は、”cadaver”、解剖用の死体。

Dr Siemionowは、成功の確立は50%で、ケースによっては悪くなる場合もあると断っているらしい。

As part of her preparations, Dr Siemionow rented a video of the 1997 film Face Off, starring John Travolta and Nicholas Cage, in which two characters swap faces. But Dr Siemionow says that unlike the film, the transplant recipient will not resemble the face donor because the underlying bone structure remains the same.

準備の一環として、『フェイスオフ』(1977, ジョン・トラボルタ ニコラス・ケイジ主演)のビデオをレンタルしただって(w

ただ、ドクターいわく、「映画のようにレシピエントがドナーに似るようなことにはならないだろう。なぜなら、根本的な骨の構造は残るからだ」。なんか、真面目なコメントなのかどうか、英語圏ネイチャーじゃない僕には、文面からではさっぱりワカラン。

The unprecedented surgery touches on the deepest human feelings about identity. Some ethicists contend that facial disfigurement is not life- threatening and therefore not worth a lifetime on immuno suppressant drugs, which can be justified for other organ transplants. Dr Siemionow and other doctors argue that many disfigured patients are tormented by shame and depression.

う〜ん、あまり理解できない。どうも倫理的問題を論争しているって感じかな。「前例のない外科手術」がパンドラの箱を開けようとしているのか。

あまりにも複雑すぎて僕には、「問い」すら持てない。ただただ、精読して自分なりの意味づけを解釈するしかないかな。対岸の火事ではないとわかっていても、やはり距離を置いて眺めているのもホンネだし。

関連記事:X51.ORG 死者からの顔面移植、大火傷の患者に実施か(グロテスクな画像があるので注意)

It\'s only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。