article

まぁ、なんと難しいことか

Leave a comment

サイト更新とサイト制作に頭がぐっちゃぐちゃになっている今日このごろ。それでも活字自虐性を持つ性癖かと悦にひたりつつ、1ヶ月前から「はてなダイアリー」を始めた。バカ。

目的は、「一行でコメントできるか」に挑戦。"イタイ"ことやってんじゃねぇよってツッコミにドキドキしながらエントリーを書くorz

毎日のトピックスからピンときたものを無差別にピックアップ。すると、自分が何にアンテナをはっているのかよくわかる。それに、自分なりのコメントをいれちゃうって試み。

これがね、やってみるととても難しい。「限りなく1行で」って満貫縛り、もとい、字数縛りみたいなものをやっているから、どう表現すればウイットに富んだコメントができるか頭を抱える。ユーモアなセンスある毒舌とか称賛、ペーソスが漂う評価とか。

まず、単語。トピックスの本質をコトバに集約する作業。「よくそんな視点で洞察するね」的コトバがなかなか見つからない。原因は、ハッキリしてる。

  • トピックスの背景や関連知識が足りない
  • コトバを知らなさすぎる(格言やことわざなど含む)

次に、単語と単語をつなぐテキスト。文法技巧もさることながら、才知のひらめきを感じさせるテキストが作成できない。どうもごちゃごちゃする。

そして、最後に文脈とも、コンテクストか。1行に前後のつながりなんかあるのかよって思われるかもしれないけど、これが意外や意外。

読者が、その1行のコンテクストにふれたとき、「含蓄のあることばだな」とか「どれぐらい知でもってコメントしているのか」って魅了させるには、どうしたらよいか残り少ない髪の毛が波平さんになっていくのが体感できる。

まぁ、なんと難しいことか。

It\'s only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。