article

コレステロールが歯周病の原因に

Leave a comment

夕刊フジ: コレステロールが歯周病の原因に

「おそらくコレステロールを取りすぎると、歯茎の上皮細胞(表面の細胞)の防御機構が狂うのではないか。ふだんその細胞の数の増減で防御のバランスを取っているが、コレステロールによってそのバランスが崩れ、歯周ポケットが広がり、歯周病細菌が繁殖し、症状を悪化させるのかもしれない。詳しいメカニズムの解明は、今後の課題です」

32匹のラット使って、4週間にわたり歯周病細菌の毒素か、ただの水を歯茎に毎日1回、塗り続けた実験。結果をまとめてみた。テーブルタグのCSSの関係で、表組みがガタガタになったけど、勘弁願います。修正のCSSを書いてもいいんだけど、手が回らないので(__;)

健康なラット32匹の歯周ポケットの測定実験
標準食 コレステロール食(標準食にコレステロール添加)
ただの水 3μm(100万分の1ミリメートル) 68μm(約20倍)
歯周病細菌の毒素 130μm 166μm(約1・3倍)

鶏卵に筋子、たらこ、ししゃもなどの魚卵、鶏・豚・牛のレバー、イカやクルマエビ、ウナギ蒲焼、バターや生クリームなどは特にコレステロールが多いので避けたい。野菜や果物たっぷりの栄養バランスのいい食事をし、しっかりと歯みがきを。

まぁ、食べるもQOLってヒトもいらっしゃるだろうから、バランスよくということで平にご容赦を(笑)。ただ、量はどんどん減らして質だな。もともと小食だけど、ここ1年ぐらいは食欲がいい調子なので注意しなくちゃ(泣

ただいま59~60キロ。あと7.8キロは落としたいorz.

サイト制作と更新、初めての社内ブログ設定受注やらで頭がぐだぐだ、四苦八苦、CSSサッパリでも、これだけじゃぁ、痩せないのが悲しい・・・・・

It\'s only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。