定年に向け「書斎」を準備しよう

夕刊フジBLOG: 定年に向け「書斎」を準備しよう

あなたは、自宅に「書斎」を持っているだろうか? 1日の大半を会社で過ごすサラリーマンの多くは、自宅に自分の居場所などないのが実情だろう。だが、定年後のセカンドライフに書斎は不可欠。書斎こそがセカンドライフの“拠点”となるからだ。今回は、書斎作りのポイントを紹介しよう。

団塊世代の退職マーケットにフォーカスした特集やサービスの紹介が巷でにぎわっています。この記事もそれらと同様、2007年問題をターゲットにした広告です。「なぜ定年と書斎が連結するのか?」が個人的にはよくわからないのですが(笑)

団塊世代はさておき、「書斎」というキーワードはひそかなトレンドになっているような感じもします。例えば、雑誌『男の隠れ家』は、”こだわりを持った男たちのライフスタイルマガジン”と銘打ち、一人で過ごせる空間が多種多様なジャンルの切り口から紹介されています。

『男の隠れ家』と読んでいると、毎回「隠れ家」に合った広告商品が目に入ってきて、物欲がフツフツとわいてきます。

同じ筆記用具や時計・家具などでも、単なる機能説明ではなく、「どういったシーンで使うのか」を具体的にイメージさせてくれる映像と一緒に掲載されていると、自分も使ってみたいと刺激されてきます。

ウェブサイトでもこのような雑誌の手法を参考にできるのではないでしょうか。

投稿日:
カテゴリー: article タグ:

作成者: thinksell

creativity = chaos chaos = creativity Embrance it or die. フリーランス。開業から歯科医院のウェブサイトを制作していますが、いつの間にか歯科医院のデザインを提供している、らしいです。 自己評価は口八丁で綱渡り。やっぱり餅は餅屋が最適です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。