article

成果の出るブログの書き方を考える

Leave a comment

nikkeibp: 成果の出るブログの書き方を考える – nikkeibp.jp – 入門「ブログマーケティング」

ふつうの雑談は,面白ければそれだけで価値があります.しかし,商談は当然のことながら売ってナンボです.顧客との心理的な距離を縮め親近感を獲得すると同時に,商品への興味・理解を促進する情報をできるだけスムーズに提供する.そして,最終的には共感形成から購入へと誘導するコミュニケーション,これが「商談」です.ブログマーケティングにおいても,目指すべきは「商談」です.

ブログにしかできない”商談”をするにあたって,記事の書き方のポイントを3つ紹介しています.

  1. 目的を先に定めてしまう
  2. 肝となるのは「ちょっとした面白い話」
  3. いちばん難しいのはタイトル


3.のタイトルは,ブログにとって非常に重要な要素です.スポーツ紙や雑誌の見出しを想像していただければおわかりのように,「タイトルから読む価値があるかどうか判断」されます.

ブログをRSSで配信していますと,受信側は「タイトルに目を通して興味をそそられた記事」を読んでいきがちです.ややもすれば,いくらオモシロイ内容を書いてあったとしても,タイトルがまずければ読み飛ばされてしまうかもしれません.

わたしの場合,タイトルについて,自分が引きつけられたキャッチコピーを保存しておき,なぜクリックしてしまったかを吟味します.また,それらのコピーの「構造」を研究して,他の言葉に置き換えてみたりします.

あと,2.の話のネタは,意外とすぐそばにころがっていたりします.これはわたしがお客さまと打ち合わせをしていて感じるのですが,「業界やその企業にとってあたりまえのこと」が意外と他の業界からすると新鮮に映ったり,ユーザーが知りたい情報であったりします.

最初は,「どんな話が面白いか?」と考えすぎてしまって,キーボードがなかなか進まないかもしれませんが,ご自身の仕事の内容を淡々と紹介していくうち,読み手から意外な反応を得られて,「面白い話のヒント」を発見できることもあるのではないでしょうか.

It\'s only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。