成果の出るブログの書き方を考える

nikkeibp: 成果の出るブログの書き方を考える(2)

ブログは、頻繁に更新するために作られたWebサイトです。新しい情報が先頭に置かれ、古い記事はどんどん下に押し出されてアーカイブされていきます。読者がブログに期待するのはやはり新しい情報です。なかなか更新されないブログはその期待を裏切ることになります。

今回のポイントは3つです。

  1. ネタをストック
  2. ビジュアルも重視

1.について,いくら更新しなければいけないからといって,つまらないネタを連発するとアクセス数の減少につながるかもしれませんし,かといってブログのネタが尽きてしまうのも避けなければなりません.

そのためには,普段から「現場に埋没しているちょっとオモシロイ話を引き出す」アンテナをはっていましょうと提言しています.

2.は,テキストだけでなく写真やイラストも利用することですね.ブログはテキスト中心だと先入観をもたれがちですが,普段の日常生活に視点を置きかえると,人目をひくのは写真やイラストであったりします.

ですので,ブログだけがテキスト主体などと思わずに,惹きつけることができるような写真やイラストを活用しながら,テキストを流し込んでみてはどうでしょうか.

ちなみに,二週間ほど前に方々のブログで取り上げられていた,10 Killer Post Ideasというエントリーがあります.これは,ブログに投稿するためのアイデアを10個記した内容で,かなり反響があるようですね.それによりますと,

  1. How to
  2. Lists
  3. Campaign
  4. Interview
  5. Review
  6. Case study
  7. Research results
  8. What’s new, trends
  9. Attack!
  10. Ask the audience

が,ブログを投稿するために役立つアイデアだそうです.確かに,How to, Review, Case study などは読み手が獲得したいような情報になる可能性が高いでしょうから好まれるでしょうね.

作成者: thinksell

creativity = chaos chaos = creativity Embrance it or die. フリーランス。開業から歯科医院のウェブサイトを制作していますが、いつの間にか歯科医院のデザインを提供している、らしいです。 自己評価は口八丁で綱渡り。やっぱり餅は餅屋が最適です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。