diary

Get busy living or get busy dying

Leave a comment

“Get busy living or get busy dying. That’s goddamn right”

The Shawshank Redemption

両手足ではたりないぐらい観た。そのたび、Ellis BoydRedRedding(Morgan Freeman)の言葉に揺さぶられる。そして、ラストシーンの”hope”をかみ分ける。

  • I hope I can make it across the border.
  • I hope to see my friend and shake his hand.
  • I hope the pacific is as blue as it has been in my dreams.
  • I hope.

1994年に放映。未だ色褪せていない。設定の是非はあれ、大多数の人を魅了する作品は、その時の「流行」や「技巧」に拘泥していないのではないかな。変わらぬ「何か」を追い求め、「言葉」で思考を伝え、「映像」で情感を表現する。観る側に与えられる「視点」の自由。「絶対」を強要しない。ゆえに、豊かな「想像力」と「感受性」が、わたしに問われる。そう、己の非力さを痛感させる苛酷さを備えた「魔性」にみちている。

It\'s only fair to share...Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Tumblr
Tumblr
Pin on Pinterest
Pinterest
Share on Facebook
Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。