article

ネットで読まれる文章の実践テクニック

Leave a comment

nikkeibp: ネットビジネス成功の方程式 第19回ネットで読まれる文章の実践テクニック

前回はインターネットで「読まれる文章」(=アクセスを獲得できる文章)の書き方の第一歩として,「見出しの付け方」について考えてみました.でも,見出しが上手く付けられたからと言って,その先にある「本文」に難があれば,当然のことながら閲覧者は離れていってしまいます.今回は閲覧者が「見出し」をクリックした先,「本文」の書き方について考えていくことにしましょう.

見出しで読者の目をひきつけたあと,さらに「本文」を読ませるにはどうすればいいか?その視点から「文章の書き方」のコツを紹介しています.

平易な文章を書くようにこころがける
  • ひらがなを多用する(出来る→できる)
  • 難しい漢字を使わない
  • 専門用語を使わない(使う場合は解説ページへ誘導する)
文章の段落を小分けする
適度に改行する

「ひらがなを多用する」と「難しい漢字を使わない」は,パソコンならではの指摘ですね.ATOKをはじめ日本語変換システムは,「使用者の傾向を学習」しますから,「出来る」や「憂鬱」を変換すれば,ほぼ自動的に前回とおなじように変換されてしまいます.結果,「漢字が多い,見た目も読みづらい印象」を与えてしまいがちです.

以前,文章術関連の書籍に,「漢字3~4割:ひらがな7~6割」の比率がリズム感を生み出し,読みやすいと書いてありました.

上記以外の私の経験を加えますと,些末ですが,「"無用な接続詞"と"ややこしい助詞"」を使うと,読み手のテンポをムリヤリ引き止めてしまいます.

『成川式文章の書き方―ちょっとした技術でだれでも上達できる』 第Ⅳ章 注意すべき文章表記法 P.160-169

  1. 常用漢字を,使う
  2. 難しい漢字は,「ひらがな」で書く
  3. 読みにくい漢字には,()で読みがな付けるか,ルビをふる
  4. カッコ内の読みがなやルビは,熟語や成語などの全体に付ける
  5. 接続詞・副詞・連体詞・助詞・助動詞などは,かな書きにする
  6. 意味によって,漢字とかなを使い分けたほうがよい語句もある
  7. 漢字やかなは,文中で統一する

成川式文章の書き方―ちょっとした技術でだれでも上達できる

It\'s only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。