something else

会場にとけ込んだ観客がとても羨ましかった。画面の向こうに映る女性たちは、なにかしらのハンディを背負っていた。

  • トリノ入りして左肩を脱臼したひと
  • 右股関節をいため15分も滑ると足がしびれてくるひと
  • 難病をわずらい全身がひどい状況にあり、ボロボロのひと

それでも何もいわず、氷上でひたむきに舞う姿に魅了された。ゴールドメダリストは、「満足のいく演技ではなかった」と自ら言うように、要所のジャンプの回転数が少なかったり、細かいところで自身のおもいどおりにいかなかった。

でも完璧なんてありえない。たとえあったとしても、完璧とは別の次元、会場全体が得たいの知れない雰囲気に包まれている。画面からも伝わってきた。ゴールドメダリストの舞が後半に向かうにつれ、ボルテージがあがる。それに呼応するかのように"瞬間"を見逃すまいという観客の声が伝わってくる。

スタンディングオベーション。メダルに興奮したのではない。静かにはじまり、力強く跳び、華麗に舞い、しなやかに滑る、かろやかに踏む、"something else"に遭遇して涙が頬をかけぬけていく。

ほんとうにすばらしい瞬間をありがとうございます。

氷上の女性たちと解説者の妙に感謝。

投稿日:
カテゴリー: 未分類 タグ:

作成者: thinksell

creativity = chaos chaos = creativity Embrance it or die. フリーランス。開業から歯科医院のウェブサイトを制作していますが、いつの間にか歯科医院のデザインを提供している、らしいです。 自己評価は口八丁で綱渡り。やっぱり餅は餅屋が最適です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。