ビジネスブログ3つのタイプ

nikkeibp: ビジネスブログを企画する(3)〜ビジネスブログの3タイプを理解する – nikkeibp.jp – 入門「ブログマーケティング」

現在,マーケティングに利用されているビジネスブログを見ると,その用途は次の三つに大別されます.いま取り組んでいるビジネスブログはどのタイプに近いのかを考え,そのメリットを理解することを企画の出発点としましょう.

以下がビジネスブログの3つのタイプです.

  1. CMS(=contents management system: コンテンツ管理システム)
  2. EC(=Electronic Commerce: 電子商取引)
  3. PR(=public relations)

それぞれのタイプによって,掲載するコンテンツが異なりますので,自社がブログを開設する目的によって使い分ける必要があると思います.ブログの場合,カテゴリーがありますので,なんでもかんでも分けられます.しかし,その分類はあくまで「発信側の思考」にそったものが多いため,上の3つをごちゃまぜにして,カテゴライズすると,ターゲットに確実にリーチできなくなる可能性があります.

卑近な事例ですが,最近,コンデジを購入しようと思い立ち,いろいろ調べてみたところ,最終的にPanasonicのLUMIX LX1とRICHOのGR DIGITALにしぼりました.

その際,それぞれの商品のブログがとても参考になりました(LX1, GR DIGITAL).ビジネスブログは疑おうと思えばいくらでも疑えますが,まずは「ブログマーケティング」だと頭の中のスイッチを切り替えて読み始めますと,「自分の購入する判断となる材料」が収集でき,だんだん「購入の基準値」ができあがってきました.

特に,製品情報サイトでは伝えられない「情報」を掲載できるメリットがブログにあります.

  • どういったシーンで活用できるのか
  • 製品特有のクセをどう活かすか
  • 周辺アクセサリーはどんなものがあるのか

など「実際にスタッフが撮影した写真や操作方法」を紹介しながら,読み手は自分が購入したらという疑似体験ができます.

さらに,すでに購入した人たちからのコメントやトラックバックが二次情報として役立ちますし,企業側もそれらをうまくコントロールできれば,シナジー効果を生みだします.

今回,少しだけ眼デジとも迷いましたので,方々のビジネスブログサイトを訪問した結果,ECで活用する目的のビジネスブログは,「口コミの自然発生」を待つのではなく,「口コミを作り出す」ものなのだなぁと改めて感じました.

サイトを運営している方なら,自分が買う側に回って商品を吟味しているとき,自分がどんなライティングやコメント,トラックバックに購入意欲がそそられたか,どんな画像がわかりやすかったかなどを逐一記録しておけば,自社サイトで活用できるのではないでしょうか?

作成者: thinksell

creativity = chaos chaos = creativity Embrance it or die. フリーランス。開業から歯科医院のウェブサイトを制作していますが、いつの間にか歯科医院のデザインを提供している、らしいです。 自己評価は口八丁で綱渡り。やっぱり餅は餅屋が最適です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。