article

マッチポンプはいいけどまきちらさないでね

comments 2

社説:日本サッカー こんなにも弱かったとは

日本が決勝トーナメントに進むためにはブラジルに「2点差をつけて勝つ」ことが条件だった。小学生に大学入試問題を解けというに等しい難しいハードルであることは承知の上だったが、あまりの力の差にがっかりを通り越して情けなくなった。4年前の日韓共催大会で日本は2勝1分けで1次リーグを突破、ベスト16入りした。開催国としての地の利に加え、1次リーグで強豪国と顔をあわせずに済む組み合わせに恵まれての結果だった。残念ながら日本サッカーの実力が今大会で正当にランク付けされたと考えるべきだろう。

マッチポンプな社説として読めば香ばしい香りが漂ってくる。「こんなにも弱かった」の”こんなにも”は電車の吊革広告のよう。キャッチーなタイトルに拍手を。サッカー記者以外で開催前に冷静に戦力を分析した局はどの程度いただろう。たまたま視聴していた朝日テレビのアナウンサーが現地取材の結果、自分の予想をフリップにしていた。開幕直前の予想は2分1敗で予選敗退。最悪クロアチアに敗けて1分2敗もありうるとスタジオで堂々と切り出していた。スタジオ内に微妙な空気が漂ったかと思いきや気のせいだった。なぜなら空気を感じとる瞬間もないほどすぐさま司会者がVへ行くように話題を切り替えたから。眺めていて「へぇ、こんな予想できる人いるのか」と感心した。

シュートを打つべき時にパスを選択するFW陣。日本の決定力不足に業を煮やしたジーコ監督は、母国ブラジル戦を前に、徹底したシュート練習を課した。この期に及んで日本代表選手にこんな基本的な練習をさせなければならないとは、ジーコ監督も泣きたい思いだったのではあるまいか。

何度も言う。マッチポンプならなかなかよい釣りだ。ジーコ監督のインタビューが打ち上げ花火になって電通や朝日放送が吊し上げかけられている。潤沢資金を獲得するように舵を切ったなら商業化せざるを得ない。豊富な資金でイケイケの欧州の有力サッカークラブと、FIFAやUEFAとの間では現在、国際大会のあり方をめぐってPK合戦が繰り広げられている。ドイツ大会開催直前、将来W杯は2年に1回開催になる可能性を指摘された。

おっと、おいたがすぎてしまった。ただ思う。マッチポンプは好きにやればいいけど火をコントロールできると過信しないように願いたい。消火後の再生能力を持ち合わせていないのなら焼け野原は広がっていく。類焼はご勘弁、自慰だけにしてくれ。

サッカーを何もしらないスポーツファンとしてショックだったこと。アジア全滅。日本の敗因よりもこっちの原因を教わりたい。Eさん、酒の席でよろしくお願いします(笑)

アディダスVSプーマ もうひとつの代理戦争

It\'s only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Share on Facebook

2 Comments

  1. いやぁ、すごかったですねぇ。「鍵をかける」にふさわしいディフェンスもさることながら、ロスタイム劇的のPKには夜中絶叫してしまいました。あのファールは私的にはイタリアの「ずるうま」じゃないかなぁと思いました。オーストラリアも120分覚悟していたのですかねぇ。センター・サイドからパス1本槍
    では、なかなか数的優位を活用できてなかったような気がしましたが。

    トッティがきちんときめたのに感動でした。「やっぱり世界の選手はこういうところできっちり仕事をするんだなぁ」と。ゴールスミ左上(こういう場合右上?)、キーパーの届かないところですものね。圧倒されました。ベッカムのFKにも雄叫びをあげましたけど…..

    私はアルゼンチン・ポルトガルを、パートナーはブラジル・ドイツを応援合戦です。ポルトガルの試合の審判はなんだ(笑)デコが出場停止に涙です。

    いよいよスペイン艦隊の登場ですね。またいっぱい教えていただきたいことがありますのでよろしくお願いします。

  2. says on 2006.06.27

    昨晩も2時までイタリア戦を見てしまい、さらに劇的な勝利に興奮気味であまり眠れず朝から頭がボーッとしています。サッカーのことぐらいしか話せませんが、次回の酒の席楽しみにしております(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。