diary

なんでTBSは放送を認可されているのだろう?

Leave a comment

遼クンに盗聴工作、TBS非常識取材

TBSの「ハニカミ王子盗聴未遂」が発覚した。情報番組「ピンポン!」が大会前日3日、石川遼(15=東京・杉並学院高1年)の同伴競技者(43)に小型マイクを装着してのリポートを依頼していたことが5日、明らかになった。さらにこの日は同局の報道番組「イブニング5」が無断でヘリコプターを飛ばして石川のプレーを中断させた。盗聴依頼は同競技者に拒否され未遂に終わったが、度重なる非常識な取材を指摘されたTBS側は、8日に関東ゴルフ連盟(KGA)に謝罪することになった。

TBSにチャンネルを合わさなければいいと思っていたし、極力視ないように努めているけど、これは、「視る/視ない」の水準じゃないと思いますがいかがでしょう?

どうしてこんな企業に放送免許が与えられているのか釈然としません。さらに、

TBSの暴挙は盗聴だけにとどまらなかった。報道番組「イブニング5」が、主催者に無断でプレー中のコース上空にヘリコプターを飛ばした。この日、石川が14番パー5で、2オン狙いのアドレスに入る直前、上空のヘリが低空飛行で急接近。爆音と風に石川はアドレスを外して「うるさいですね」と不満を訴えた。ゴルフのプレーをヘリコプターから撮影することは前代未聞。[…]プロツアー関係者は「風向きも変わる。ツアーでは中継局でもラウンド中は飛ばさない。あり得ない話」と激怒。加藤氏も「TBSは初日にもヘリを無断で飛ばし抗議したばかり」と憤りを隠せなかった。

結局、自分たちのやっていることが、回り回って「不信・不安・不快」を与えていることに気づいていますよね?それでも確信犯なんですよね?

TBSが主張する真逆を選択すれば、落ち度はないという意味では立派な役割を果たしてくれているのですが…..

サンスポさんのコピペ

TBS大暴走! 遼くんの声狙い、同行選手にマイク装着依頼

izaさんの続報

ハニカミ盗聴工作も他人事…TBS社長、自嘲の笑みで謝罪なし

wwwのホストで愚考してみた

<私>だけ逃れる

It\'s only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。