未分類

イタリアの指導者がみた日本のサッカー

Leave a comment

「いかに自分で考え、解決できるか」「ACミランジュニアキャンプ ジャパン2007」リポート

例えば、こんなシーンをよく見掛けます。相手を抜いて、完ぺきに抜いたのに、もう一回抜いて、さらにもう一回抜いて、その後もう一回抜こうとする。イタリアの子どもだったら、相手を抜いたらすぐにゴールを意識するのですが……。つまり、日本の子どもは技術はあるのに、試合に勝つためではなくて、テクニックを磨くために練習をしている傾向があるのでは。

なるほど。他のスポーツというかライフにも通じるものがあるかも。マネジメントとかも。

こちらもなるほど。イタリア通信093:日本の高校生に欠けているものは何か?

少年スポーツダメな指導者バカな親

少年スポーツダメな指導者バカな親

It\'s only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。