未分類

中庸を報じないメディア

Leave a comment

産科崩壊 「緊急搬送されてきた産科未受診の妊娠30週の早産」を受け入れたら、「堕ろせ」と罵倒され、治療費を踏み倒された上に、子どもを捨てて逃げました→加筆あり

妊娠30週といえば、八ヶ月半だから早産である。母子ともに危険だ。運ばれてきた妊婦さんの付き添い男性に堕ろせといわれた上に、早産の子どもは仮死状態で生まれ、必死に蘇生したのに、両親はそのまま逃げてしまった、という悲しすぎる話。しかもこの場合産科だけでない、NICUにも支援してもらっているのだ。たぶん、この赤ちゃんの救命で、もう一人別の赤ちゃんが他の医療機関にはじき出されているかも知れない。255先生には同情の声が集まっている。

世論に耳を傾けつつ、世論に流されないと書くのに流された記事を書くメディア。そこに世論という虚構があるを気づかぬフリをして世論ということばをただ印刷する。

医療崩壊 「立ち去り型サボタージュ」とは何か

医療崩壊 -「立ち去り型サボタージュ」とは何か

It\'s only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。