article

au総務省と対決(聞こえはいいけど)

Leave a comment

au新料金に総務省が激怒

「シンプルコースは、総務省の顔を立てただけのダミー。このコースを売る気はない」と断言。さらに「本音は、フルサポートコースの一本勝負。ヘビーユーザー(上得意顧客)ほど、本人負担なしで機種変更できるサイクルが短くなる特徴を生かし、ヘビーユーザーの電話機買い替えを加速して囲い込む戦略です」

「au買い方セレクト シンプルコース」の発表を読んだとき、auも消費者を小バカにしてるよなぁと思った。携帯キャリアが開発メーカーに、「要求通りに、決められたスペックの電話機を、求められた数だけ作ればよい」と指示した結果、消費者は与えられた端末を与えられた価格のまま購入するしかない。市場の機能が作用していない。

う〜ん、やっぱりPHSへの乗り換えを加速させねば。ああ、でも iPod touch に資金が回るし。マイゴッド、ワレノブツヨクヲオユルシクダサイ。

あっ、というかそろそろ携帯電話をもたない生活も考えろということですかねぇ。

It\'s only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。