diary

自分の正解以外は減点

Leave a comment

ある方からのタレコミ。小4のお子さんが学校で長方形の面積を横×縦で計算したら減点された。学校に問い合わせたら,担任にも教務主任にも縦×横が正解と言われたとのこと。

via: 縦×横?横×縦?

あったまにキタ。政治がよけいなおせっかいをするなか、教育の現場で格闘していらっしゃる方々いる。埒外の私が批判するのは卑怯だと自重していた。野暮というものでそう。でも、これはほんまにムカついた。

先生のご指摘どおり。

横×縦でも同じになることを自分で見つけたならば褒めるべきところを減点するようでは,創造性を伸ばすなというようなもの。

via: 縦×横?横×縦?

前後の文脈がわからない。だからどんな風景でいかなる意図から減点したのか、現場にいない。話半分で読んだとしても首をかしげる。

ジグソーパズルの最後のピース。最後のピースを「これ」とひとつ定めてみよう。1枚の絵を完成させるまでのプロセスは無数に存在する。では最後のピースを定めないとしたら。どれが最後のピースになるかわからない。にもかかわらず、1枚の絵が完成する。

ひとつの解に無数のアプローチ。

ひとつの解にひとつのアプローチ。はては、「私のやり方以外は間違ってます。私が正しいのです」。ついには、この批判が日本を滅ぼすとモンスター扱いされるんだろうなぁ。

日本を滅ぼす教育論議 (講談社現代新書)

日本を滅ぼす教育論議

It\'s only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。