article

IE7は勝手にインストールされない

Leave a comment

IE7の自動更新にふれたときに「自動更新でインストールしないように設定を変更したほうが吉」と書きましたが間違いでした。すみません(-_-;)

「強制的にはインストールされない」——徹底解説「IE7の自動更新」

マイクロソフトは2008年2月4日、最新Webブラウザー「Internet Explorer 7(IE7)」の自動更新を解説するWebサイトをオープンした。2月13日以降、Windowsの自動更新機能を有効にしているパソコンでは、IE7が自動的に配布される。ただし、勝手にインストールされることはないので心配無用。自動的に行われるのはダウンロード(配布)まで。インストール時にはユーザーに指示を求めるダイアログを表示する。

「ダウンロード」までのようですね。マシンの対象はIE7がインストールされていないWindows XP SP2およびWindows Server 2003 SP1。おどろいたのは

自動更新機能は、パソコンやネットワークの利用状況を見て、ユーザーの作業に影響を与えないように少しずつダウンロードする。このため、ダウンロードが完了するのは、2月14日以降になる可能性がある。

膨大な台数が自動更新の対象になっているということでしょう。「保留」やアンインストールも可能のようで

  • インストール作業を保留したい場合、IE7のインストール選択画面で「後で確認する」を選ぶ。
  • 「インストールしない」を選択すると、当然IE7はインストールされない(Windows Updateなどでも表示されなくなる)。
  • アンインストールしたい場合には、スタートメニューの「コントロールパネル」から「プログラムの追加と削除」を選択し、「Windows Interntet Explorer 7」を選んで「削除」ボタンを押す(IE6にもどる)。

さて、2月13日以降のアクセスログが楽しみ

It\'s only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。