diary

純化

Leave a comment

2009.07.20 曇り

朝から洗濯と部屋の掃除。風呂掃除。午前中、ほっこりしてた。昼前にイオンヘ。やってしまったよ、お客様感謝デー。全力で忘れていた。レジに人がびっしり。バッドな値付けもびっしり。必要最低限の商品だけ購入して早々と引き揚げる。レジを眺めているとおもしろい。身体とカゴのカロリーが比例していたり。食材そのものを購入するより、総菜やや加工品など手軽に調理できるものを購入する傾向が高いような。それと、最近の商品はとにかく甘い、と思う。トマトはその代表かもしれない。

今度の総選挙、自民党の誰が当選するより誰が落選するかに関心が移る。というのも、旧態依然とした政治家がドブ板で当選すれば、民意はやっぱりオレを支持した、と政治家は誤解する。結局、保守のなかでとんがった政策やリバタリアンや右派とかで、地盤の弱い人は落選するだろう。そうすると、今以上に旧態依然の純化された自民党が登場しかねない。でも、民意という強い味方がついてるから旧態依然へ拍車をかける。純化。自分だけで愚考すれば、そんな旧態依然の自民党を支持するのじゃなく、民主党の保守(外から見れば誰が保守かよくわからんけど)と連携してでも、夜警国家をめざす政策があってもよいんじゃないかと。

午後からカレづくり。タマネギ2個45分弱火で炒める。茄子, ズッキーニ, トマト, 南瓜, ニンニク, 生姜…..。それと鶏肉。タマネギの微塵切りを教えてもらって涙を流しながらトントン。炒めている時、楽しかった。どうすればカレを上手に作れるか。それを考えいるとき幸せ。もっともっと具材や調理方法を試してみた。ルーも。

夕食はカレ。それから読書。あと『ATOK 2009』 のMacとWindowsハイブリッドが到着していたのでインスコ。ことえりもよくなったけど、やっぱりATOK。辞書関係を揃えて入力環境を構築してきたので手放せない。『共同通信社記者ハンドブック校正辞書11版』, 『角川類語新辞典 for ATOK』, 『広辞苑 第六版 for ATOK』, 『ロングマン英英/英和辞典 for ATOK』, などなど。

It\'s only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。