diary

開幕

Leave a comment

2009.08.15 晴れ

06:33起床。2009世界陸上が開幕。今回の放送では、陸連がTBSへ「選手キャッチコピーNG」と要望した。まっとうな要望。選手にキャッチコピーをつけるぐらいなら、実況の技術を磨いてほしい。スポーツの実況は選手キャッチコピーを大声で叫ぶことじゃない。

男子100m2次予選、ボルトと練習パートナが笑顔で併走した。そのシーンを見た解説の伊東さんは冷静に怒っていた。冷静な怒りの解説がステキだった。

石川遼選手のガッツポーズは海外で好まれない。本人も自覚しているとの由。MLBのHRは、派手なパフォーマンスを好まない。そういった暗黙の約束がスポーツの核を表現していると思う。

かたや日本のギャラリーは、サン・クロレラクラシックでオーストラリアのブレンダン・ジョーンズ選手がバーディパットをはずしたところ、拍手した。おそらくゴルフファンじゃなく、追っかけだろう。JGTOの専務理事は全米オープンでプレー中のジョーンズ選手へ当地で謝罪した。ジョーンズ選手は、”日本で長年プレーしているが、ああいう場面に遭遇したのは初めて。非常に残念な気持ちになったが、山中さんから誠意を尽くしていただいたし、今は全く気にしていない”とコメント。

It\'s only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。