diary

民度

Leave a comment

2009.10.20 晴れ

秋晴れ。気持ちよい。オリオン座流星群を観られず。曇っていた。残念。明日に期待。流れ星の説明が 『子供の科学 2009年 11月号 [雑誌]』 誠文堂新光社 に掲載されている。一昨年だったか、夏に流星群を観た。美しかった。美しい(と感じる反応)を大切にしたい。その上で頭上の事象を記述したい。その能力を身につけたい。頭上に限らず。目の前で発生する万物流転の現象を記述する力。

今日も本業のかたわらに行う仕事に励む。仕上げられた。メールで納品。安堵。なんとか仕上げられた。厳しい状況でこの仕事に感謝。ありがたい。

イオンでマイバッグを持参すると、レジへ2円を割引される。エネルギー問題がいつ解決されるか。もし、次の世紀ならば、それに呼応して、金銭のインセンティブは意味を持たなくなるだろう。イオンが愚策を弄しているわけじゃなく、問題はイオンが算定する民度の平均値にある。詐欺(と自分は考えている)をやらかす輩はいつもいる。レジで2円引いてもらい、別のレジへ行き、袋をもらう。はじめからバッグを持っていない。当人は生活費を節約できる知恵だとほくそ笑んでいるかも。

観察していると、50代後半以上の比率が高い。統計的意味はない。たまたま。あるいは、それらといっしょにいる家族。つまり、50,60代の親-子-孫が親の教えを忠実に守り詐欺を働く。恥を知らない人口比率が増加しないよう願うのみ。

16:00すぎに出発してクライアントと京都で会う。便利になった。iPhone で日記を書いて、予定投稿していれば、勝手に更新されている。裏を返せば、表示される時間は欺いている。表面上、いつ書いているかわからない。時間と空間が固定されない。iPhone を手に入れた効果で強く感じた点はそれだった。

『iPhone情報整理術 ~あなたを情報’’強者’’に変える57の活用法!(デジタル仕事術シリーズ)』 堀 正岳, 佐々木 正悟 が発売される。10/22に外出するとき探してみよう。さらにヒントを得られると期待。昔、『Lifehack with Mac―ストレスフリーの快適MACLIFEガイド』 こもり まさあき を購入して刺激を受けた。英語を理解できれば海外のウェブサービスを使える。それが新鮮だった。言葉の障壁がなくなるまでまだもう少し時間がかかるかな。それもいずれなくなるだろうけど、自分が生きている間は期待できないと予測。

昼食はなし。夕食は炊き込みごはんと春菊(+春菊に似た野菜、忘れた)と豚肉を炒めたもの。春菊とそれに似た野菜を炒めた。炒めると苦みがなくなるからとの由。とてもおいしかった。春菊は苦手。でもこれなら食べられる。少しニンニクをいれて匂いもとりのぞく。

夜明けの流星群に備えて早めに就寝。

It\'s only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。