diary

流出

Leave a comment

2010.04.27 雨

WPの制作。WPにのめり込んでいるから、WPをアゲたくなる。WPでサイトを制作すると、携帯,iPhone,iPadなどからのアクセスはちゃんと表示できる。プラグインとJSを駆使すれば、問い合わせ, マップ, ページ管理, SEOがパッケージ化できるから、効率よくマネジメントできる。商品やサービスを変更したとき、サイトやナビゲーションの設計変更にまつわる対応はフレキシブル。ブログとページを明確に峻別して、かつ、一体感を演出できる。すごいよいCMSだと思う。

日大で個人情報が流出した。新聞サイトが報じたので事実確認できたのだろう。ただ、新聞サイトの報道を読むと、個人情報の中身はかなり抑制されているな。ネットはすでに祭りで、とんでもないって書くのもカワイイぐらいの個人情報が晒されている。シェアの中身が空想の物語じゃなく当人の記録なら日大医学部は腐敗をスルーして事実は小説より奇なりも真っ青な出来事が日常茶飯事でお茶漬けかよっ。

シェアにうぷされたので、たぶん二度と回収できないだろう。アングラ系はもとより週刊誌のライタはそれを手に入れられるし、電車の中吊り広告キャッチを今から考えている専門職もいるな。

キンタマやキンタマ関連ワームの感染祭を眺めるたびに発火するニューロン。なんで、交換するPCに対策してないんだろうって思う。LANを物理的に切り離して真っ白なHDDに交換だけインスコしてあとは何も残さず専用真っ新PCを立てる、とか対策してないんだろか。一度うぷされた流出は二度と消せないリアルを持ってないんだろうか。2点が毎度シナプス。

自分はそういった手間がメンドイのでもうやってないし、次から次と進化する交換系は追いかけられなくなったので、シェアやCabosから野良を落としてない。Cabosが違法じゃなくて、野良を落とすのが違法であって、そのあたり、報道は交換や共有のソフトへ誤解を与えている。

17:00 F社のH氏と飲食ミーティング。21:00前に終了。H氏は、「シンクセルくんのブログを読んだり打ち合わせすると考えさせられる」と評価してくださった。自分の視点は自覚できても比較できない。評価は他者の手元にある。○な評価に凸、×な評価に凹、○×評価に律して耐えられる時もあったとしても、不動心からほど遠く、常に心は不安で揺れ動く。

H氏を鏡にすると自明が現れる。人は自分の視点が承認されたとき、不安の皮を一枚剥ける。中にある自信の実をつかみ取るため。他者の存在は、自信の実を包み込む不安の皮を剥いてくれる。他者の承認。他者の承認がもたらす効力をH氏は気づかせてくださった。

H氏を鏡にした時、もう一つの自明が現れる。相手に承認を明瞭に伝えること、自身の想いを表現すること。伝達と表現の源はよりよい関係をリンクさせてたい熱意、対話への情熱。H氏が承認を明瞭に伝えてくださり、ご自身の想いを表現してくださったから、17:00までと違う自分が今ここにいる。

H氏の視点と自分の視点、起点の差異を互いが認識できたとき、新しい着眼と発想が対話の中から生まれる。着眼と発想は思考へ誘導する。

It\'s only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。