diary

豊穣

Leave a comment

2010.06.22 曇り

もし天が存在して天気を決めているなら迷っているかもしれない。今日も迷っているみたいだ。迷いが二日も続くと不意に決断して雨をまとめて降らせないかと心配していまう。日曜日の雲と強雨の繰り返しは、どうしよう? やっぱり降らせよう! いや待てよやっぱりちょっと様子をみよう、いやいや今は梅雨だし思い切り降らせよう、天の遅疑逡巡に振り回される。

朝はくもり。洗濯をどうしよう。迷う。今日の湿気だとくもりでも乾かないかもしれない。洗濯指数って意味不明なデータがあるけれど、あの%は何を伝えようとしているのだろう。結局、洗濯しなかった(夜、洗濯機のなかを見てちょっと凹)。昼間、天は遅疑逡巡を諦観したかのように光を地上へ届けた。その光がうらめしかった。

朝からF社のコード修正。SEO、自分の場合はとりわけGoogleだが、どんどん変わってる。数年前に読んだテクニカル記事は古事記になっている。専門家の方々にはとうてい勝てないけれど対応しなきゃいけない部分はコードを黙々と書き換える。

合間に休憩をかねて自分のサイトを使った実験も終わったので屋号のスペルをもとに戻す。自分のサイトから得られるデータも参照する。その後、M先生のWPの環境整備を終わらせ3.0のアップグレードに備える。

残りはWPの制作。The 2010 default theme for WordPress が使える。HTML5宣言に驚いた。どうせならコレを使って自分のサイトをリニューアルしよう。

24日のiPhone 4発売を前にiOS 4がリリースされた。自分のiPhoneは3G。現在の最新は3GS。”S”の一文字だけの違いなのにiOS 4の対応は地球と月ぐらいの距離がある。3GS+iOS 4はマルチタスクをはじめiPhone 4と遜色ない機能を使える。Twitterを検索してみると3GS+iOS 4は充分使えるみたいだ。

これが3G+iOS 4となると動くのは動くがインストールするメリットはないかもって意見が多い。人によってはガソリンが空っぽで走ろうとする自動車みたいな印象すらある。iTunesに接続してiOS 4をダウンロードしてアップグレードする作業にかかる時間が相当長いらしい。3GはiPhone OS 3.1.3のままにしてiPadをなるべくはやく購入しよう。

iPadは医療分野で重宝されるのではないかと推測する。身体の数値や投薬、薬の説明など医療データを格納できるようになるはずだから。今、プログラマの方々はソフトウェアを寝食を忘れて制作していると勝手に想像する。

資金が潤沢な大病院は外部の医薬情報担当者の方々とも連携して健康診断・人間ドック・各種検査・治療などをカルテとリンクさせた統合環境を設計してもおかしくない。

先頃知り合いの先輩が購入された。Macにまったく無縁だしデバイスを積極的に使わない。その先輩の感想を伺ってますます期待を持てそうだ。

iPhoneは新しいガジェット好きな人やギークな人たちの早期導入者によってバズされ普及した。自分の記憶をたどると2009年の年初からiPhoneという単語を他人から質問された。周りではガラケーから乗り換えたり買い増しする人が急増した(これらの人はガジェット好きでもギークでもない)。

iPadは違う。この違いがiPadの魅力。

It\'s only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。