diary

偽者

Leave a comment

2010.11.18 曇のち晴れ

寒い。布団から出られなくなってきた。今朝は05:45に目が覚めたのに気づいたら06:00だった。15分間、どこに行ってたのか誰かに聞いてみたいです。対策を考えなければ。起床30分前から部屋を暖めておけば起きやすいと数年前に何かで読んだけどあいにく暖房器具はない。ふぅ。

この時期は天気がよいと7-8時頃にかけて朝陽が差し込んでくる。それがとても柔らかく感じられる。朝陽がガジュマルにあたっていると気持ちよさそうです。嬉しくなる。夏の日差しだとちょっときつそうって感じますが。”はやぶさ”を擬人化するのと同じだ。

11:00前に出発。大阪へ。13:00からF先生の院内LANの設定。今日と金曜日で仕上げて、11/21の設営に立ち会う。僕の知っている情報は Windows XP で止まっている。ようやく Windows 7のシステム関係を理解できてきた。GUIは変わっているので各機能を探し回る。Windows 7 のチューンアップを知らないので調べなければならない。18:40頃に終了。

帰りに本屋へ寄る。『言語・思考・現実』 L・ベンジャミン・ウォーフ を探すが見つからない。なかなか見つからないな。『失われた時を求めて(1)――スワン家のほうへI 』 プルースト の前で悩む。全14巻(だったと思う)を読破できそうにないなあ。双調平家物語でもタイヘンだったのに異文化ならなおさらだろうし。

アメリカの映画やドラマを視ていていまだに慣れない感覚がある。「アイルランド系」や「イタリア系だ」とか「ドイツ系だよ」といった「○○系アメリカ人」という単語。頭は理解しているけれど身体的な入出力の感覚がともなわないので、こういう会話を交わす時って躰はどんな質感に包まれるのでしょう。

今の僕は滋賀県民だが「東大阪系滋賀県民」という表現もアリだろうか。27歳まで東大阪で過ごしたのでこういう表現を選んだけど生まれと育ちと現在位置が異なればどうしようか。生まれが熊谷市で育ちは葛飾区だが今は中頭郡だとしたら「熊谷系葛飾区沖縄県民」でOKか。生まれてから数年ごとに引っ越してきた人って、どんな基準で生まれや育ちを判定するのかな。エピソード記憶? 年数?

日本の場合、「キリバス系日本人」や「ツバル系日本人」とか「セーシェル系日本人」って云われても僕は「ああ、そうですかー」ってすんなり返答できない。たぶん、混乱するな。否、確実にのけぞってしまう。

『的を射る言葉 Gathering the Pointed Wits』 森 博嗣 は何か反応しなくちゃいけない考えさせられる言葉で埋め尽くされている。そのなかでも素敵なフレーズがあった。偽ものは、「物」も「者」もあるのに、本ものは、「物」しかないのは何故? 「他」には「人」も「者」もつくのに、「本」には「人」しかないのは何故?

他者の存在があるから孤独を認識できるように、ニセモノがあるからホンモノがあると考えられたら問題を発見できる本物と本人を僕は探究したいですね。

It\'s only fair to share...Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Tumblr
Tumblr
Pin on Pinterest
Pinterest
Share on Facebook
Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。