diary

想念

Leave a comment

2011.02.07 曇のち晴れ

ここ数日、空が気になっていた。空が霞んでいる。高い位置は澄んでいる。なんだかよくわからない空。環状線に乗って大阪城のオフィス街を眺める。空は澄んで地平に降りてくると霞む。黄砂かと思う。が、違うような。そしたらFM80.2が教えてくれた。煙霧という現象らしい。

FM80.2といえば告知が流れる。3/20、民放FM52局同時生放送企画「MEET THE MUSIC」が沖縄で開催される。今年のアーティストはSuperfly。いいなぁ、沖縄でライブ、しかもSuperfly。行ける人が羨ましい。

午前中、F社のコード調整。内部のキーワードと文章を最適化。検索エンジンに表示される文章を変更してアクセス向上を狙う。午後からF先生のサイトを練る。ミーティングのwikiから推察したらウェブの役割は他と異なりそう。F先生とスタッフのコンセプトを存分に訴求する、そんな方向が適当かもしれない。正直、今の僕が一般的な歯科医院のサイトへ意見を申し上げるとしたら、治療の解説はいらない、である。ただそうしてしまうとSEOでは不利。”ない”ものは”検索”されない、この難問を解決できれば十把一絡の今風サイトを拒絶したい、ってワガママが僕の中で現れては消える。

昨日、茂木健一郎先生のTwitterのTLを読んでいたらNHKの中のひとたちはタイヘンなんだなって理解できた。わずかな理解、皮膚感覚からほど遠い理解ですが。プロフェッショナル 仕事の流儀の一話を制作するためにオイオイってツッコミたくなる本数のテープを視て編集していらっしゃる。で、CM収入がない。んなわけだし受信料はアリだよね。

でもね、テレビの前に座って視るってスタイルは環境と不適合じゃないかな。コンテンツは劣化していない。資金を投じて制作すれば良質なコンテンツを制作するプロ集団だと思う、テレビの中の方々は。そうじゃなくてコンテンツを受信する「テレビ」っていうデバイスが古すぎる。数年後、3Dってテレビがあったねってならない? 否、僕の頭が古い、そうか、そっちだよな。

テレビ番組を受信する機能を省略した液晶デバイスがあるならブルーレイやDVDを鑑賞したりApple TV用に欲しい。電話もそう思う。通話機能が省略されたスマートフォンってないかしらって。そんなデバイスってあるんかな。マニア(好意の意味で使っています)は専用ルームでホームシアターを構築してるし、その環境ではテレビじゃなくスクリーンだと思う。

テレビを視なくなったからワガママが思う浮かぶ。視る人は異なった視点を言及してくださる。立場が変われば言いたい放題である。テレビぐらいでこれだけ言いたい放題なんだから政治なんて言いっぱなしだろうと想像する。

そりゃそうだ、以前、テレビを視なくなったって母親にしゃべったら腰を抜かす(いまどきこんな言い方しないしどんな状態なんだ一体)ほどビックリしていた。テレビっ子中のテレビっ子でしたから。

休みの日になるとほっといたら一日テレビ視てたし、ため録りしたスポーツ、ドラマ、モーターカーレース、映画をひたすら視てた。その時はテレビが”ない”生活なんて”ある”わけ”ない”だったわけで、実際、”ある”ですよと過去の私を想起して現在同士で語り合う。その姿を現在の私が未来の私を想念して、”ない”生活が”あった”なんて懐かしい話ね、またテレビが”ある”わけだしってほくそ笑んでいるかもしれず、線形の時間モデル上で。

というわけでテレビとCMの話になると黙る私がいて、それを一歩後ろから眺める自分がいて、そのさらに一歩後ろから眺める僕がいて、さらにそのまた一歩後ろから眺める私がいる、っぐらいがちょうど客観的だよって言う人がいたら今の僕は心中でその言葉を穏やかに斬り落として相貌は微笑んで、無限のループへ墜ちてゆき、ああ、気持ちよいのです、ですが、コレを読んだ人と僕がしゃべったらその方は相貌の僕と心中の私を見透かすわけで、やりにくいったらありゃしない地団駄を踏み(地団駄ってナニ?)ながら手の内を明かすのであります。

It\'s only fair to share...Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Tumblr
Tumblr
Pin on Pinterest
Pinterest
Share on Facebook
Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。