diary

寝床

Leave a comment

2011.02.13 曇

39歳になった翌日、はりつめた気力を解放したら身体は一気に崩壊したみたい。朝から一日中寝ていた。

匂いがない世界。イヤだ。生きた心地がしない。

匂いは生存の危機を知らしめてくれる。身体の機能が損なわれたときに実感する。無味無臭、という広告はコワイよな。匂いで判断できなくなるなんてお断り。

結局、一日寝ていた。崩壊したまま。腰と背骨を痛めつけただけだ。上着を3回着替えた。水分を摂取していないのにこれだけ汗をかくんだな。水分で構成されている身体を実感。

損なってわかる、安定よりも不安定の時にわかる。ゆらいでいる時のほうが感覚はしっかりしている。

一体何を書いているのかわからなくなってた。利用されているならよいけど。消えるし。どうでもよくなってきた、さ、また寝よ。Twitterには入っていると思います。

It\'s only fair to share...Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Tumblr
Tumblr
Pin on Pinterest
Pinterest
Share on Facebook
Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。