琵琶湖
diary

モダン焼きは豚モダンです

comments 2

お好み焼きが食べたい。たこ焼きが食べたい。近所にもある。でも平に御寛恕を請いたいうえで、おいしい粉もん屋さんが(以下省略)。

「人間は12歳までに食べてきたものを一生食べ続ける」(日本マクドナルドの創業者)として、12歳までの来店を画策していたら、あながち嘘ではあるまい。

現にここに一人。12歳までに食べたたこ焼き、青年で口にした風月のモダン焼きを細胞はインストールした。困っている。そんなお店はここには(以下省略)。

皮はペチャ、中はトロリです。フーフーしても火傷します。ソースオンリー。少々のあおさか微粒のかつお節。具はタコオンリー。でっかくなくてもよいんです。

年に数回の近所ではがまんできない禁断症状。つらい。体重が落ち続けるぐらいせつない。53キロ台が視野に入り、いつ以来だ、中学か、BMI的には51キロ台まで標準、これ以上減らないだろう、風月の豚モダンを1キロ食べたい(モダンは豚オンリーです、異論は認めません)。

食。まわりに指摘されて認識する所作の癖。会社勤めのころ、後輩が「どこの店でもごちそうさまって言いはりますね」と言った。びっくりした。知らんかった。しょっちゅういっしょに飲み食いしていた。見ていたんだな。たしかに言われてみれば、(声をかけられそうなら)厨房の方へ、勘定のあとにレジの方へ、ごちそうさまでしたと。

以前、「お酒をまわりにすすめませんね」と言われた。これは意識している。同じく会社勤めのころ、お酒の所作に違和感を覚えた。年長になったら年下の方にはすすめない、目上の方にもなるべく控えようと。お酒をやめてから一度だけ「それでもちょっとだけ飲んだら」とすすめられた。丁重にお断りしたが、お互い気持ちのよいものではなさそうだ。

食べて飲んで。おいしいって、それにお話しがスパイスになって、からからと笑えるから、美味しい。なかなかそんなふうに日々をおくれないけれど、みんなで食べるときは、個を尊重して、笑いたいっていつも思う。

食と記憶。『本という不思議』(長田弘)には、本と記憶の結びつきが書かれている。そして音楽と記憶のリンク。BGMがわりのradikoからさっき流れてきた。久しぶりだ。曲名の回数より聴いたな、きっと。歌詞。つらいようで気持ちを表しているようで、自分がやってしまったことを棚にあげて自分の都合のよいように聴いていた。あの日々をへて今。ありがとう。

It\'s only fair to share...Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Tumblr
Tumblr
Pin on Pinterest
Pinterest
Share on Facebook
Facebook

2 Comments

  1. カッカッカッとキャベツ多めの器でまぜてくれはって、そばとソースがからんで、キャベツと豚肉、シンプルであれ、おいしいんですよね(^^)

  2. Peach0818 says on 2015.11.24

    私も風月の豚モダン好きです(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。